打てて走れて投げれて…日本のスーパースター・大谷翔平!

普段は落ち着いた話し方・丁寧な物腰で喋る彼ですが、マイクなんて握らせた日には一体どうなるのか?!

今回は貴重な彼がマイクを握る姿を交えながら、普段とは違うプライベートな部分、好きな歌手などについてチェック!

大谷翔平の歌唱力

アメリカのYahoo Sportsがツイートした一つの動画、

そこには移動中のバス内でカラオケを歌う大谷選手の姿が…!

曲はジャスティン・ビーバーらが歌った『Despacito(デスパシート)』

日本のシンガーソングライター・TEEさんが日本語でカバーしたものです。

普段はバットとボールを握る彼が、マイクを握って少し照れながら歌う姿はおもわずこちらもホッコリとしてしまいます(^^♪

高音の部分もイイ感じに歌えていますね♪

Sponsored Link

好きな歌手は?

「えっ!デスパシート?!じゃあ大谷選手、ジャスティン・ビーバーやTEEが好きなの?」

と思った方も居ると思います。

しかし後に大谷選手からこの事について

「皆が知ってる曲でいきたいなと思って(歌った)」

あまり(曲を)知らなかったので、歌詞を見ながら一生懸命歌いました」と発言。

”大好き!”って曲では無かったんですね、残念…。

でも歌詞を見ながらでも歌えるという事は、多少は聞き重ねた曲でありそうな気もしますよね♪(笑)

じゃあ一体、大谷選手はどんな歌手が好きなのか?

そこで、日本でプレイしていた時代の大谷選手の入場曲をまとめました(#^^#)

どうやらアフロジャック、オリーマーズなどが好きと思われます!

Sponsored Link

現在までの入場曲

  • 2013年投手時入場曲 歌手:Huey Lewis and the News :Power of Love 
  • 2013年打者時入場曲 歌手:TRIPLANE :ドリームメイカー
  • 2014年投手時入場曲① 歌手:Perfume :Party Maker
  • 2014年投手時入場曲② 歌手:CLUTCHO :Time Capsule
  • 2014年打者時入場曲 歌手:miwa :キットカナウ
  • 2015年~現在・投手時入場曲 歌手:Afrojack vs. THIRTY SECONDS TO MARS :Do Or Die (Remix)
  • 2015年~現在・打者時入場曲 歌手:Olly Murs :Wrapped Up  ft. Travie McCoy

2013年のPower of Loveなどは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の劇中に使われた曲。選曲がルーキーっぽくないですね…!(笑)

それ以降はパフューム、miwaなどのJ-popが使用されていましたが

2015年から2018年現在まで、アフロジャック・オリーマーズのずっと同じ曲が使われています!

大谷選手があまりコロコロ曲を変えたがらない人なのかも知れませんが、

好きじゃなかったら3年も同じ曲を使いつづけないですよね!本人も気に入っているのではないでしょうか?

Sponsored Link

まとめ


現在メジャーで新人王争いの一角として活躍中の大谷選手。

野球をする姿以外にも、大谷選手の一挙手一投足に大きな注目が集まります!

ファンとしては、プレーする大谷選手も魅力的ですが

20代の若者としての姿もこれからドンドン見てみたい所です(^^♪