突然、苛酷な状況に身を投げ出されてしまったら・・・。

今の世の中、日本はとても豊かになっています。そんな中で、そのような経験をする人はほとんどいないでしょう。

しかし人はどんな状況でも食事を摂り、水を飲まなければ生き抜くことはできません!

生きるために知っておきたい法則、そして身体を守る為に必要な体温維持!その為に必要な住まい(シェルター)!!どのような事態に遭遇しても「生き抜こう」!!

Sponsored Link

サバイバルでの3の法則

サバイバルの軸となるのが3の法則です。
3の法則とは?

3時間、 自分の体を守るものがない状況で低温・高温・風雨にさらされると危険です。
3日、飲み水の確保ができないと危険です。
3週間、食べ物の摂取ができないと危険です。
3分間、空気を吸えなければ危険です。

これが3の法則となります。当然これはその時の状況によって左右されます。その時の環境で悪いところだとさらに短くなることもあります。

それぞれのタイムリミットに注目すると、空気→体温維持→水→火→食料の順で確保すべきとも言えます。


シェルターの必要性

3の法則でもお伝えしたように、人は体温維持がとても重要となります。

冬の時期などでは人は何時間も放置されてしまうと低体温症をおこしてしまい、風や雨などの強い時などの悪影響を受けると体力の消耗や体温の低下などがさらに早まってしまいます。そして人の体温は34度以下になると自らの意思で身体を動かせなくなり、生命の危機に陥ります。

さらに夏の時期などはよくニュースで報道されていますが、熱中症にかかるリスクがあり、意識を失う恐れや、さらに最悪の場合死に至ることもあります。

先ほど説明したように人は悪い環境に弱いです。身体を守るために服を着たり、家を建て住んだりもします。その為にサバイバル環境では住む場所(シェルター)の確保がとても大切になるのです。

アウトドアやサバイバルでは、シェルターとしてイメージしやすいものはテントだと思います。山の中でのキャンプでもよく使われ、現代では1番身近なアウトドアのシェルターだと言えます。

テントは性能も高く雨や風から身を守ることが出来ます。さらにコンパクトに収納ができ、持ち運びなどにもとても便利なため非常時に重宝される物です。

しかし常にテントを持ち歩いているわけではないので、テントがない環境でもシェルターは作らなければいけません。そんな時にその時の環境にある物でシェルターを作る必要が出てくるのです。


シェルターの基本は環境利用

シェルターは雨風や直射日光から身体を守り、体温維持の大変重要な役目をおこないます。その為に周囲の環境を確認し、雨風を防げることを探すことが必要になります。 自然環境では洞窟や岩陰などもある為そういったところを探すのも良いでしょう。

さらに自然環境を使えば、さまざまなシェルターを作ることができます。簡易的なものでは、葉の付いた枝を大量に用意し、木を骨組みのし葉のついた枝を重ねて立てかけるなどして、シェルターを作ることもできます。直射日光を避けるためには、木陰を作るだけでも通気性に優れたシェルターになります。

砂漠では昼間はとても暑く夜はとても寒い特殊な気候な為、地面にくぼみを掘ってその両側に土砂を積み、布を何重にすることで日光と熱をさえぎれます。昼間は1枚目の布で直射日光による熱が防げ、二枚目以降の布で夜間の放熱が防げ体温維持が保てます。簡易的ではありますがシェルターの出来上がりです

雪山ではテントも張れず野外で一夜を過ごすことになってしまった場合には、雪を押し固めたブロックを使りかまくらのような頑丈なシェルターを作ることもできます。その他にも積もった雪に穴を掘り内側から壁を押し固めただけのシェルターも作ることができます。

また、雪ではかまくらなどのイメージがある為シェルターを大きく作ってしまいがちですが、目的は体温維持なのでなるべくコンパクトに作ることを心がけてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。生き抜く上で必要な3の法則、シェルターの重要性を理解しているだけでも、万が一の状況になったときに取る行動が変わると思います。

いざという場合に!劣悪な環境でも生き抜く為に!シェルターの確保をお忘れなく。

Sponsored Link