普段の生活の中で、当たり前の様に使い、無くてはならない「水」。もし突然水が飲めなくなったら?そんな時に役立つ飲み水の確保の方法をお伝えします。

みなさん、人間の体内にある水分は体重のおよそ何%を占めているかご存知ですか?体内を水分が占める割合はおよそ55%~60%にものぼります。

では人間は水を一滴も飲まないと、何日間生きていられるかご存知でしょうか?
なんと4~5日程度、長くても1週間程度しか生きる事ができません。

しかし、食べるものが無くても水さえ飲むことができれば、人間はなんと1カ月近く生きられると言われています!

人間が生きていくのに必ず必要な水!もしその水が、簡単に買えなくなったり手に入れる事が出来ない状況に陥ってしまった時の為に、簡単に飲み水を自分で作り出す方法いくつか紹介します!

Sponsored Link

泥水や雨水などを飲料水に変える方法

泥水や濁った水は十分にろ過する必要があり、その為には浄水器が必要です。

浄水器は身近なもので簡単に作ることができます!

用意するもの

・ろ過するためのペットボトル

・水を寝かすためのバケツなどの容器(無ければもう1つペットボトルを用意)

・布切れ(タオル、服やバンダナなどの切れ端でもOK)

・小石、砂や小砂利、あれば炭の粉(炭の粉が無ければ焚火の燃え残りなどでもOK)

・ティッシュやガーゼなどの綿(無ければ布切れでもOK)

①まずは水を寝かしつけ、泥などを沈殿させる。半日ほど寝かせると泥が沈殿するので上澄み部分のみを使用します。

②ペットボトルの底の部分を切り取り、キャップの部分は外しておく。

③ペットボトルの切り取った底のほうから、
テッッシュやガーゼ→炭の粉→砂→小石
の順番で詰め込んで、通常の飲み口を下にしてペットボトルの底のほうから寝かしておいた水を注ぐ。(布→非常に細かい砂→布→砂→布→小石の順番でもOK!)

④ろ過された水はまだ細菌が含まれているので、煮沸させることが必要です。10分ほどでOK。

この方法は非常に有名で、小学校の自由研究などにも使われるほど簡単にできます。是非お試しを!


朝露を集める

晴れた日の早朝などは、大気が冷えると大気中の水蒸気が地面や植物や物の表面で結露します。

結露している湿った草に布をかぶせて、朝露を布にしみ込ませる。

繰り返し行い、布を絞って水を貯める。これも飲み水として問題ありません!

日が昇ると蒸発してしまうので注意。夜明け頃がベスト!!また、布は水を吸収しやすい物を使うと良いです。


海水を蒸発させ飲み水に

この方法と原理を覚えておけば他の物でも対応可能ですし、海水などから大量に飲み水を作り出す事が可能です!

①鍋に海水を入れ、中央にコップをセットします。このコップに飲み水が溜まります。

②鍋にタオルや布など、イメージとしてはサランラップで密封するように覆う。

③セットしたタオル中央に、小石などをセットしてほんの少しタオルを重さで窪ませる。その窪みの真下、タオルを挟んだ真下にコップを置くように注意してください!
※タオルや布の代わりに、中華鍋などの底の丸い鉄製のものがあればベストです。タオルの代わりに鍋に重ねるだけでOK!

④鍋を火にかけ、沸騰した海水の水蒸気がタオルに集まり、小石で重さをかけておいた中央に水蒸気が寄せ集まって、最終的に水滴になりコップに落ちます。


太陽熱蒸留法

①地面に直径0.5~1mの穴を掘ります。掘る場所は草が生えていて、土は柔らかいところがベスト!

②穴の中には青草や濡れた布類を置き、その中央にコップを設置する。

③穴の上にビニールシートをかぶせ、中央に小石を置き窪みを作る。その窪みの真下、ビニールシートを挟んだ真下にコップを置くように注意してください!
ビニールシートは黒いものがあれば尚良し!ビニールシートが穴に落ちないように周囲をしっかりと石などで固定する。

④地面からの湿気が太陽の熱に反応し、ビニールの内側に結露を作り出しコップに溜まります。


竹から水を取る

竹の節と節の空間に水が溜まります。竹が枯れない限り水を入手し続けられますので便利ですが、竹を曲げる為にかなりの力が必要なので複数人の協力が必要です。

①青竹の先端を大きく曲げる。

②竹の先端を切り、その下にコップなどの容器を置いて一晩おきます。 ※ロープなどで竹を曲げたまま固定する必要があります。


青草をビニール袋に入れて水を取る

青草を刈り取りビニール袋に入れ、ビニール袋の口を縛る。

日の当たる場所にしばらく置いておくと、草から蒸発した水が袋の底に溜まる。


まとめ

いかがでしたでしょうか?意外と簡単な方法ばかりで驚かれたのではないでしょうか!(^^)!

自然災害による被害など、万が一の状況がゼロとも言い切れない今。

もしもの時の為、是非覚えておいてください!(^^)!

Sponsored Link