2017年9月12日から、親友と2人で西日本一周の旅をスタートさせました!

今回の旅は約20日間の車旅!地元名古屋から北海道往復!!

もちろん、高速なんて使いません。全て下道のビンボー旅!笑

今まで培ったアウトドアの経験だけで乗り切れると思ってましたが、フタを開ければ行き当たりばったりな事ばかり・・・(-_-;)

この旅で経験した事、行ってみたかった場所、まさに絶景というべき風景、体験した最高の時間を紹介していきます☆

このブログを見て、「旅っていいものだなあ・・・」「自分も旅に出たいなあ・・・」って思っていただけると嬉しいですっ(#^^#)

さぁ~!俺たちの旅、スタートです!!

Sponsored Link

■9月12日 旅1日目 地元名古屋を出発!

スケジュール

愛知県(名古屋)→岐阜県(下呂)→富山県(滑川市)

 

出発初日!私達の住んでいる名古屋を出て、まずは日本海側に向かいます!

日本海に沿うように青森県へ向かい、道中各地の観光地や行ってみたい場所を巡りながら、青森県の大間町のフェリーを目指します♪

まずは初日!下呂によって、そこから行けるところまで移動しました!

 

①国道41号線を走り、日本三大温泉街・下呂へ

まずは私も何度か行ったことのある、下呂へ寄り道。

記念すべき旅1発目の寄り道、いきなり行った事のある場所にはなりましたが

下呂は何度行っても、いい所なんです・・・(#^^#)

下呂温泉は日本三大名泉(有馬・草津・下呂)の1つで、これまでに私もいろんな温泉街を巡りましたが、その中でも下呂は観光街としての規模やクオリティーはめちゃくちゃ高いです!!

川沿いの露店の雰囲気や、それを含めた街の景色など本当に素晴らしい!のんびりとした時間を過ごしたい人にはオススメの場所です♪

私達はまだこの時、旅に出て数時間ですが・・・(;^_^A) まずは無料の足湯に入って、運転の疲れを癒し、少し街を観光して出発しました☆

ちなみにこの無料の足湯、下呂の街の所々にあります!どこの足湯もしっかり手入れや掃除が行き届いていて、いつもとてもキレイです☆

 

②ひたすら41号線を疾走!下呂~富山へ

下呂を出発し、18時過ぎに富山の滑川へ到着。

日もだんだん暮れてきて、あいにくの小雨も降りだしたので滑川で宿泊する事に。

まずは寝床の確保からと思ったのですが、

早速旅の洗礼!笑

テントを張れるような野宿スポットを探しまわったんですが、

雨はだんだん強くなり、辺りはどんどん暗くなる一方・・・。

しかも私達、2人とも野宿は初めて!(-_-;)

どんな場所が理想なのかもわからず、公園や道の駅を周りに周っててんやわんや!

2時間近くかけて、やっとこさ見つけた屋根アリスポット!!初日の野宿はここで決定!!

寝床も無事確保できたので、市内にある「水橋温泉ごくらくの湯」へ☆

料金も400円と安く、内湯・露天ともにかけ流し♪フロントのおばちゃんも富山弁の元気な人で、とても気持ちよかったです!(^^)!

 

身体もさっぱりしたので、本日の寝床に戻りテントを設置し食事の準備(”◇”)ゞ

寝床探しに手間取り、もうかなり遅い時間だったので本日のご飯はカップラーメン!

安定と信頼のどん兵衛!(#^^#)

のはずが、私のテントの中でどん兵衛半分こぼして超ブルー!!笑

私達の旅の友。安定と信頼のどん兵衛。

匂いとシミは旅の間1日もテントから離れることはなく、まさに旅の思い出の一つとなりました・・・。

 

おやすみなさい☆

■9月13日 旅2日目 富山から長野へ!

スケジュール

滑川市出発→富山県の称名滝→長野県の野沢温泉→北竜湖キャンプ場

 

昨晩から降っていた雨も朝方には止んで、朝テントを出たら快晴そのもの!

というか、9月中旬のテント内は蒸し蒸しし過ぎて寝ていられませんでした・・・(-_-;)笑

雨で濡れたテントを拭いて、8時頃には出発♪

 

①落差350メートル!称名滝へGO!

国指定の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選にも選定されている名瀑です☆

まずは駐車場に車を停めて、滝まで徒歩1.3キロ(約30分)の道のりでしたが、日頃の運動不足もあり、結構、大変でした・・・!(-_-;)

道中の足場は舗装されているものの、やはり山中という事もあってのぼりくだり、坂道多し!杖を持って歩いている方も多く見かけました。

しかし、30分歩いた先に見える滝はまさに絶景!!

高さ350メートル上から流れ出る水からあふれ出る、マイナスイオンの超贅沢なシャワー!

あまりの高さからの水しぶきが、滝から100m程離れていても風に乗って心地良く全身で感じることができました♪

 

②マイナスイオンのあとは、長野の野沢温泉へ

長野県にある野沢温泉は、近くにスキー場もあり冬には多くのスキー利用者で活気づきます。

温泉街には13軒もの共同浴場があり、すべて無料で入れる温泉となっています。

私達もその内の1つ、「熊の手洗い湯」に浸かり温泉を満喫しました。

たまたま温泉に居合わせた現地の70歳のおじさんとも仲良くなりましたが

こってこての信州弁・・・。年配の方の方言って、容赦ないですよね・・・(;^_^A)笑

一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ました♪

③野沢温泉から車で15分!北竜湖キャンプ場

本日の宿泊はキャンプ場!!

ここは北竜湖の目の前でテントを張れます。料金も場所代のみの700円☆

更にこの日は貸し切り!!火を起こしてもオッケーな場所だったので、夜は男2人でバーベキュー!!(笑)

星を眺めながら、お酒を飲みながら、語らいながら・・・。

2人旅ならではの時間を過ごす事が出来ました☆サイコーっ!!(#^^#)

 

今回はここまで♪

次回は新潟、秋田県に突入していきます!

新潟の秘境竜ヶ窪や、秋田のきりたんぽ屋さんを紹介していきますので次回も見てくださいねっ(#^^#)

Sponsored Link