元祖・炎上系YouTuberのシバター。嫌いなYouTuberは誰?といった話題には、必ずといっていい程、彼の名前があがります。(笑)

誰かの批判ばかり言ってるし、HIKAKINの本は燃やすし、まぁ~とにかく嫌われものの彼でしたが、最近ではそうでもない様子…。一体何があったのでしょうか?SNSや動画のコメントなどをいくつかチェックし、解析しました。

Sponsored Link

シバターが嫌いなYouTuberと言われる理由を考察

実は私、シバターを知ったのは最近の事です。名前だけは聞いてました、『炎上狙いの超嫌われてるYouTuberが居る』って感じで。(笑)

そんな私、つまり昔のシバターを知らない人間が最近のシバターの動画を観て感じた正直な感想

 

「考え方もまとも、面白い発想力もある、常識もありそう、トーク力もある」

 

って印象です。

アンチシバターの人からしてみれば「何言ってんだコイツ」って思われるかもですね…。(笑)

でも、正直私はそんなに悪い印象を持ちませんでした。むしろ好印象です。

 

「逆に、なんで嫌われてるのかな?」と思って色々な動画を観てみると「なる程、そりゃ嫌われるわ…」と納得しました。(笑) HIKAKINさんの本を燃やしたり。豆腐のようなメンタルの私なら、自分が出した本をあそこまで批判されて最後には燃やされたら…多分泣いてます。(笑) さすがに擁護しようのないものも多い気がしました。

 

さて本題。

なぜあそこまで嫌われるのか。様々な動画やエピソードを観て、さらにSNS上の意見なども踏まえた上での考察ですが…

Sponsored Link

1.「炎上芸の仕組み」を理解していない人が多いから

確かに嫌われるような事、擁護しようのない事、多いです。人によっては全然笑えない、不快な気持ちにさせるようなネタもあります。が、私がもしYouTuberだったとして。シバターに悪口を言われた時には「ありがとうシバター…!」って思うような気がしました。恐らくですが、批判された多くのYouTuberも同じように思ってる、もしくは何とも思ってないはず。

 

俗にいう「Win-Win」の関係が成り立っていますよね。シバターも炎上して視聴数を稼げる、言われた側もシバター発信で新たな視聴者が得られるチャンス。私みたいにひねくれてると「裏で演者同士、了解取り合って繋がってるんじゃないの?」ぐらいに思えてしまいます。(笑) 言葉もキツめなせいでよりヒール感は出てしまってますが、ビジネスという事を心得てヒールに徹している雰囲気がプンプン感じられます。

 

そしてもっと言うと、この炎上芸の仕組み。今でこそ理解する人も増えた印象ですが、少し前(YouTuberが世間から注目され始めた頃)なんかは特にまだ浸透していなかったのではないでしょうか?応援している人が批判された、だから嫌いになった。そうやって当時一度嫌いになってからずっと嫌いのままという人も多いように見受けられました。

2.彼なりの冗談が冗談に受け取れないから

過激なネタ、不謹慎なネタも多いシバター。低評価の数も他のYouTuberに比べて圧倒的です。(笑)

やり過ぎな言動が嫌われる原因ではあるのでしょうが、客観的に見て一線は超えていないものがほとんどのように感じました。と同時に、一線を越える事(自宅への嫌がらせ行為など)がどういう事なのか、彼自身がよく心得ているようにも思えました。

彼の一線をギリギリ超えていない冗談が、超えているように感じる人も居る。面白く感じるかどうかも含め、感じ方は人それぞれなのでしょがないですが…。一線はいつも超えていない、私にはそう見受けられました(たまに超えてますが。。笑)。

3.単純に見た目が嫌い・下ネタがキツイから

これに関してはもうしょうがない…。私の母(60歳)も「こいつ気持ち悪い!!」って言ってましたし…。(笑) ただ、彼も人の子。下ネタはともかく、見た目ぐらいは多めにみてやってほしいものです…。笑

現在シバターの好かれる理由

SNSなどを調べてみると、炎上芸人と言われているのが信じられない程。いくつか抜粋させてもらいました。

  • 疼いてる気持ちを綺麗さっぱり纏めてくれるから好き
  • 普通にいい人だと思う
  • 猫にあれだけなつかれてるならいい人なんだろ
  • なんだかんだ人格者
  • 育ちがいいのが隠しきれてない
  • 心は常に泣いてるからな。その分優しくできるんだろう(←武田鉄矢感)
  • 自分には正論しか言ってないように聞こえる

アンチの数もそれなりですが、こんな感じで好かれている事も確か。孤独を抱いて悪を打て!涙のビームで悪を焼け!(笑) 頑張れシバター!!

Sponsored Link