10月1日にYouTuberとしてデビューした「カジサック」ことキングコング梶原さんと、『物申す系』のYouTuber・シバターさんの間で早速なにやら起こった様子。

現在はひと段落ついている様子ですが…

2人の間で何があったのか、今回の事件を時系列に沿ってまとめました。

Sponsored Link

1.カジサックデビュー前・シバターの梶原に対する感情

始まりはYouTuber・ラファエル氏からの紹介。

「キングコングの梶原さんがYouTuberと動画撮りたいらしいので、シバターさんコラボしてあげてもらえませんか?」

これを受けてシバターは梶原と一度電話で接触、その時の梶原の態度・考え方を聞いた上でコラボを断ったと発言している。

(シバターは断るも、梶原は徐々に他のYouTuber達の動画にコラボ出演し始める)

2.カジサックがYouTuberとしてデビュー

2018年10月1日、梶原がYouTuber・カジサックとしてデビュー。

この時にシバターの事は触れず、今後の活動方針(有名人・YouTuberとコラボ動画を作っていく)などを語る。

3.シバターがカジサックデビューに対して物申す

2日後の10月3日の夜、カジサックデビューについてシバターが動画をアップ。

「本気でYouTuberになるなら、芸人辞めてからYouTuberになるべき」「カジサックの番組は見ない」「カジサックの人間性が嫌いだから自分はコラボしない」などと発言。

4.カジサックが「シバターを救いたい」アップ・すぐに削除

シバターが上の動画をアップしてわずか数時間後、

カジサックが「シバターを救いたい」という動画をアップ。

その約6時間後に動画を削除。

フライングを注意され、時間になったら再アップするという旨のツイートをする。


さらにそこから3時間後、動画は再アップしない事がツイートされる。

お蔵入りとなった削除動画の内容

削除された動画の内容はシバターの「○○を救いたい」シリーズのパロディ。

動画は現存していないが、内容としては

  • 俺が他のYouTuberとコラボするの観てオマエ悔しかったんだろ?
  • 俺は芸能界とYouTuberの世界は全く別の世界だと思っている。シバターよ、勘違いするな
  • (オチで)俺と一緒にM-1出ないか?次に会う時はM-1参加費2,000円を払う時だ!

ちなみにこの動画の様子から、撮影したのは昼間の野外だったという事がハッキリしている。

なので少なくとも10月3日夜にシバターがアップした動画を観た上での行動・撮影ではなく

カジサックがあらかじめ作っていた動画(10月3日の昼間以前)である事がわかる。

Sponsored Link

5.シバターがこの件(お蔵入り)についての動画をアップ

10月5日、カジサックが動画を非公開にしていた時の裏話や、カジサックがなぜ動画を削除したのか憶測するなどの動画をシバターがアップする。

LINEでのやりとり、自身は吉本とは良好な関係だという事などから

カジサックのプライドを傷つけたor気を遣ったから削除したのでは?とシバターは語る。

カジサックの現在の登録者数、これまでの推移まとめ

まとめ・推測

現在の2人のやりとりで公になっているのは以上。

①カジサックが本格的にYouTuberデビューする前から繋がりがあり、LINEでのやりとりもしている

炎上芸を生業とする「シバター」という人間

③シバターがカジサックをDisった動画がUPされたのは10/3の夜。その数時間後にアップされ、すぐにお蔵入りとなったカジサックの動画「シバターを救いたい」の撮影内容は昼間の野外だった事もあり、時系列的に少し不自然

④カジサックが動画を削除した件について、シバターの推理がイマイチしっくり来ていない事

などから、

ひょっとしてあらかじめ仕組まれていた出来レースだったのでは?という意見も囁かれています。

いずれにしても、まだ2人の火蓋は切って落とされたばかり。

今後の2人の活動に注目、ですね!

Sponsored Link