皆さんこんにちは!(^-^)

先日のブログの続編です。

《↓前回のブログ↓》旅の失敗から学ぶ。次に活かす経験-その1-

旅の失敗から学ぶ。次に活かす経験-その1-

今回も、楽しく読んでいただければ幸いです(#^^#)

ここに書くのは、全て旅で経験したリアル体験談です。

この記事を見てくださった方、いっその事、笑ってください・・・笑

同じ失敗をしないよう、ぜひあなたの旅に活かしてください!(;∀;)

Sponsored Link


コインランドリーはなるべく控えよう

この旅で経験した事の一つ、コインランドリーの使い方についてです。

私はこの旅で、バスタオル3枚、ハンドタオル3枚。パンツや靴下、毎日の着替えは4日分持参しました。充分な量だと思っていました。

・・・甘かった!反省しています・・・。(-_-;)

今回の旅で学んだことの一つですが

長期の旅に出る際、
特にタオルや下着類は5枚以上持っていくことをオススメします!

なぜなら、コインランドリーに行く手間暇、お金の事を考えると3、4枚では厳しいです。無駄に買ってしまう羽目になりかねません。

相方も同じ程度の枚数で旅に出たので、コインランドリー利用の頻度は合わせれましたが、コインランドリーへの移動、洗濯、乾燥、たたんで収納の時間を考えるとトータル1時間半はかかります。1日の間で1時間半も活動時間を削られると結構な足止めになり、日中の予定が若干ですが狂いますよ・・・(-_-;)

さらには料金面。

洗濯と乾燥、合わせて1回のコインランドリー利用で700円~900円ほどかかります。私は相方と折半で、一緒の洗濯機でこなしていましたが、洗濯1回で700円~900円って、なんだかお高く思えませんか・・・?(私がケチなだけでしょうか・・・!?笑)

私達はこの旅で計7回、コインランドリーを利用しました。細かい料金は記録に残してなかったのでざっくりですが、単純計算で4,900円~6,300円は洗濯でお金を使った事になります。時間も1時間半を7回、約10時間半をコインランドリーに充てた事になります。

私達の今回の旅で、仮にタオルや下着類をそれぞれ6枚づつ持っていったなら恐らく3回はコインランドリーの利用を抑えれたんじゃないかと反省しています。

費用にすると約2,100円~2,700円の節約。

時間にすると約4時間半の節約になっていました

なんだか・・・時間もお金も損した気分に・・・今更ながら思えてきました・・・(;∀;)笑

 

【教訓】
荷物は少なくしたいけれど、タオルと下着は多めに持って!お金と時間を節約しよう!


テントで寝る時は平らな場所で寝よう!

私達はこの旅で、毎回テントで寝る際にはアルミのレジャーシートを敷き、その上でシュラフに包まり寝ていました。

このアルミのレジャーシートですが、寝具として本当にオススメです!(#^^#)

1人用のテントなら、1m×1.8m、厚みは10mmあれば充分です。値段も1,000円前後、ホームセンターならどこでも売っていて、汚れも付きにくく、折り畳めるものならスマートに車に収納でき、地面のゴツゴツ感や冷たい地熱も防げます。

さてその日ですが、1人700円のキャンプ場で宿泊をしました。水場やトイレも近く、火を起こしても問題ない、とても良いキャンプ場でした。

が、一つだけ懸念事項・・・。

ほんの少しだけ、地面が傾いていました。地面が土だったのでざっくりですが、恐らく角度にして、5度程度の傾斜。

でもそんなことはお構いなし!これからキャンプを前にした私達に、そんな事はもはや問題外!(;”∀”)

スーパーで買っておいたお肉でバーベキュー♪お気に入りの音楽を流し、星空を見ながら、お酒も少々嗜んで・・・。これぞまさに、キャンプ!(#^^#) 最高の時間を過ごして、ほろ酔い状態で寝床に就きました。

シュラフに包まって間もなく、違和感を覚えました。

「・・・体が滑るぞ?」

アルミのレジャーシートとシュラフとの間では摩擦抵抗がほとんど無く、たった5度程度の傾斜でシュラフごと私の体はどんどん下へずり下がっていくのです。多少面倒でも、起き上がってテントを平らな場所へ移動すべきだったのですが、アルコールの入った状態の私には、少々難易度が高すぎました・・・笑

「もういい、寝よう!」無理矢理に眠りに就きました。

普段ならアルコールも手伝って、間違いなく熟睡状態になるのですが・・・まー寝れない寝れない。笑  ツルツル滑って体が本当に休まらない!寝れたとしても眠りのまぁ浅い事・・・(-_-;)

結局熟睡できたのは、眠気の限界を超えた朝方5時ぐらいでした。

翌朝、相方と顔を見合わせた時、2人ともうっすら目の下にクマが・・・笑

私にいたっては、眠った態勢が良くなかったのでしょう、翌日は体の背面が筋肉痛、さらには3日間ほど背筋に違和感が残りました・・・。

※調べてみたのですが、あえて傾斜で睡眠をとることでの健康法もあるようです!Σ(・□・;) 妊婦さんや赤ちゃんの不快症状、喘息改善、糖尿病、etc・・・。気になる方は調べてみる価値アリです☆

ただ!その健康法はベットの上で正しい角度で行うものであって、旅のテントの中では一切いらないですし、超がつくほど寝苦しい!笑

【教訓】
たかが寝床、されど寝床。こだわって場所を探し、疲労回復に努めよう!


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は少し地味ですが、切実な失敗談になりましたがまだまだ他にもあるんです・・・(-_-;)笑

随時更新していきますので、お楽しみに・・・(-_-;)笑

百聞は一見に如かず。経験に勝る知識無しとは言いますが・・・。皆さんは、どうか私と同じ失敗をしないでくださいね♪(;^_^A)

Sponsored Link