-経験に勝る知識無し-

先日、相方と約一か月間、車で愛知-北海道へ旅に出た際の失敗を残したいと思います。

この旅で、多くの失敗をしてきました・・・。

本当に初歩的なミスから、予期せぬトラブル、失敗から多くを気付き、学ぶ事が出来ました。

Sponsored Link

ここに書くのは、全て旅で経験したリアル体験談です。

この記事を見てくださった方、いっその事、笑ってください・・・笑

同じ失敗をしないよう、ぜひあなたの旅に活かしてください!(;∀;)


日没後の寝床探しの難しさ

事前の下調べがバッチリだからと言って、油断はNG!結論ですが、「寝床は明るいうちに探せ!」です。

今回の旅では、長期の旅という事もあり「節約」に重きを置いていました。※ただ単にお金がなかっただけとも言いますが・・・笑

なので、地方によってある「無料キャンプ場」をよく利用していました。スマホで調べると、管理者の連絡先が載っていますので利用する前に電話し、諸注意などを受けて許可を取ります。

その日は日中、観光にかなりの時間を使っていました。寝床の目星は付けていたのですが、キャンプ場の到着が21時頃になってしまいました。(もちろん、事前に管理者へ許可は取っていましたが)

到着するまでは何の不安もありませんでした。しっかりとしたキャンプ場のWebサイトでしたし、キャンプ場の写真も良い感じ。電話で話した管理の方も丁寧でした。

キャンプ場が近づいてきた際、だんだんと嫌な予感がしてきました。

キャンプ場までのナビでは気付かなかったのですが、道を進むにつれてだんだん高い所へ・・・カーブも多くなってきて、そのうち

「あれ?どんどん山の奥に進んでいってるかも?・・でもまあ、ちゃんとした場所みたいだし、大丈夫でしょ!」

そう思って(というか、自分に言い聞かせて。笑)到着してみると

明かりが一切ない、正真正銘真っ暗闇のキャンプ場でした・・・。

しかも、私達以外に宿泊者ナシ!たまたまだったのかはわかりませんが・・・。日中の明るい時間に到着していれば、日没前にテントを張ったり、ランタンなどの照明の準備もできたのですが、真っ暗闇で1からの準備は本当に怖すぎました・・・。相方も僕も、話し合う事もなく「場所を変えよう」の意見で一致。笑 逃げるようにキャンプ場を後にしました・・・。

そしてそこからも大変!

夜の10時過ぎからテントを張れるような場所を探そうにも、なにせ真夜中です。車で周りを見渡しながら運転しても暗くてよくわからない!(そして危ない!)ネットでキャンプ場を検索しても、管理者に電話が繋がらない!(ちなみに、どのキャンプ場でも管理者へ電話が繋がるのはせいぜい18時頃までです)

1時間程、相方はスマホで場所探し、私は運転しながら寝床を探しましたが見つからず・・・。

結局その日はテントを張るのを諦め、当初のキャンプ場から遠く離れた道の駅の駐車場で車中泊に。

男2人の車中泊。色んな意味で、寝心地は最悪です・・・(;∀;)笑

当然疲れも取れず、次の日は体力的にも残念な1日になりました。

【教訓】
ネット情報を鵜呑みにしない!キャンプ場は自分の目で確かめよう!明るいうちに寝床を探さないと、次の日に響く!


メガネが折れた・・・笑

私は日中はコンタクト、就寝前はメガネで過ごします。その日は夕飯も済ませ、あとは温泉で疲れを取ってテントで寝るだけという日でした。コンタクトの方ならわかっていただけると思いますが、なるべくコンタクトは、満足に水が使える場所で取り外ししたいのです!コンタクトを保存するケースを洗ったり、コンタクトを取り外す時には、指先にホコリや汚れが付かないようしっかりと水で洗いたいのです!寝る直前のテント内よりも、温泉内の洗面台で取り外す方が得策なのです!

その日も入浴後、洗面台でコンタクトを外してメガネにしました。

直後!・・・あれ?視界が・・・あっ!!

フレームが折れて、メガネが床に落ちていました。

さらに、メガネとフレームを繋げるための小さなネジもどこかへ行ってしまいました。慌ててコンタクトにして、ネジを探そうとしましたが、場所が悪かったです・・・すぐさま諦めました・・・。

何せ温泉の脱衣場。周りは裸の男の人ばかり。足元をジロジロと探し回ると、変な誤解を受けてしまいそうで・・・(-_-;)笑

メガネが折れた原因は、単に老朽化(5年程使用していました)です。とりあえずフレームは持ち帰り、テントで応急処置しました。ネジ穴につまようじをねじ込み(笑)、なんとか旅の間使用しました。

旅の間使用したのは致し方なくです。メガネを修理に出すと、場合によっては1週間程度時間がかかるのです!今回はネジも無くしてしまったし、ネジの発注で時間がかかります。仮にメガネ屋さんで新しいメガネを作っても同じです。視力の悪い私専用のメガネを作ると、やはり3日~1週間程度はかかってしまうのです・・・。メガネを修理しても、新しく買ったとしても、旅の最中です、一週間後に私はそのメガネ屋さん近辺に居ませんし、旅先に郵送するとしても、その時どの場所にいるか予測を立てる事は難しいのです。

旅の間、メガネで公衆の面前には出られませんでした。なにせ、つまようじがメガネに突き刺さっていますから。イメージとしては「コナン メガネ」で画像検索すれば、すぐにご理解いただけるかと思います・・・。笑

【教訓】
視界が奪われる事は、もはや死活問題!視力の悪い人は、予備のメガネやコンタクトの準備を!


まとめ

どうでしょうか。笑っていただけましたか?( ;∀;)笑

今回はその1という事で書いてみましたが、他にもまだまだあるんです・・・(-_-;)

その2その3と、どんどん今後も書いていきますので是非皆さん、温かい目で見ていただければと思います!同じ失敗はしないでくださいね♪(;^_^A)


Sponsored Link