10月17日、YouTubeで約1時間動画が見れなくなるなどの障害が世界的に発生しました。

現在は無事復旧したものの、「アレ?携帯壊れた?」「Wi-Fiの調子悪いなぁ…」などなど、まさかYouTubeに障害が起きているなど思いもしなかった方も多かったのではないでしょうか?…私もその一人です。(笑)


そしてその時に活躍した“謎のサル”。トンカチと帽子が印象的なコイツについてチェックしていきます!

Sponsored Link

修復専門?サルの名前

エラー内容を和訳したものを読んでみると、何やらおかしな日本語文。

文法無視で超ストレートに和訳された、いかにも機械っぽい文章…。(笑)

その中で唯一、文法的に正しく理解できる一文には

「高度に訓練されたサルのチームが派遣されました」

とあります。

要は『専門家がYouTube直しにかかったよ~』って事だとは思いますが…

サルのチームって、例えがユニーク過ぎ!

さすがにYouTubeにもなると、日本では考えられない表現を使ってくるなぁ~と感心しました。(笑)

さて、本題。

このサル、名前はあるのか?!と思って調べてみましたが

結論・名前はないようです!

強いて言うならば「サルのチーム」(a team of highly trained monkeys)としか言いようがない!

YouTubeも、まさかこのサルに注目が集まるとは思ってもいなかったと思うので

特別な名称も付けていなかったのではないでしょうか?

少なくとも、日本では話題となりましたが…世界的にはこのサル、どうなのでしょうか…?(笑)

Sponsored Link

サルの中の人は?

実際に、サルではないにしても専門のチーム・サイバーエンジニア的な組織はあると思うのでそちらも調べたのですが

詳細という詳細は特に見つかりませんでした。(というか、そんなに情報ガバガバでもいけませんしねぇ…💦)

ただ、世界的規模で起きた今回のエラー。

修復に「1時間もかかった」というよりは、「たった1時間で直せた」という表現のほうがふさわしいのかのな、と。

さすがに『高度に訓練された』と自称するだけの事はあるのかなと思います!(笑)

世間の評判

今回の一件で、警察に相談の電話が相次いだりもしたそうです。

また、今回のサルの迅速な対応を称える人も多数!(笑)

まとめ

  • 世界的規模で起きたYouTubeのエラー、対処したのは「サルのチーム」!
  • 残念ながら、名前と言う名前は無い様子で詳細も不明。しかし仕事は早かった!

今回のような事態にしか恐らくお目にかかれないであろうこの「サルのチーム」。

できればもう会いたくもないような気もしますが…

もし次も何かあったら、その時はヨロシク!ですね!(笑)

Sponsored Link